ハーフエタニティリング

婚約指輪におすすめのダイヤモンドのハーフエタニティリング

もともとは結婚記念日に送るという習慣があった、エタニティリングでしたが、普段使いがしやすい事や重ねづけができるという理由から、最近では婚約指輪や結婚指輪として購入するケースが増えてきています。エタニティリングは、指輪の周りに同じサイズで同じカットの宝石が途切れなく並んでいる事から永遠の愛の象徴ともいわれています。

宝石が全周しているものをフルエタニティリングといい、半周のものをハーフエタニティリングといいますが、フルエタニティリングの場合はサイズ直しができないため、長く使う事を考えて、サイズ直しができるハーフエタニティリングを選ぶ女性が多くなってきています。またこの場合には宝石も半分ですむことから、コストを抑える事ができたり、その分宝石や地金の質を良くすることもできるのです。エタニティリングは地金の素材やストーンの種類によって、好みの組み合わせにする事が可能ですが、プラチナにダイヤモンドの王道の組み合わせが現在でも一番人気があります。

地金のプラチナは、硬度が高くて傷がつきにくいことから「変わらぬ愛」ともいわれていますが、プラチナはとても高価になってしまう為、ゴールドやイエローゴールド、ピンクゴールド、ホワイトゴールドなどと組み合わせる人も増えています。結婚指輪と重ねづけをしたいと考えている場合には、その色の組み合わせやバランスを考えて決める人も少なくありません。また個性的な指輪をしたいと考えている人には、イエローゴールドやピンクゴールドといった色が注目されています。リングのデザインもストレート以外にもV字などのデザインのものもありますが、この場合もどのようにリングを使用するかによって変わってくるため、使い方にあったデザインを選ぶようにすると後悔がありません。地金が決まったら、ストーン選びですが、ダイヤモンドは4Cを基準に選ぶと良いといわれています。

4Cは、ストーンの色であるカラー、カット、透明度であるクラリティ、石の重さの単位であるカラットの事をいいます。しかしカラーグレードやクラリティは鑑定士が顕微鏡を使ってやっと判断できる場合もありますので、ワンランク落として大きなストーンにするなど、指にあったボリュームやバランスを考えることも大切です。ダイヤモンドのエタ二ティリングは、どの角度からみても輝いて、豪華な気分になれます。普段づかいはもちろんパーティーなどの時にも活躍できる為、婚約指輪に選んでおくと便利です。