模造品の人工ダイヤより天然の方がダイヤモンド買取で高く売れます

ダイヤは美しい光を放つ宝石で、高い価値を持っていることは多くの人が認知しています。 ダイヤは原石の時点から美しいわけではなく、加工や研磨の技術が発達したことによって美しい宝石に仕上げられるようになったと言えます。 現在では世界中でダイヤの宝飾品は取引されており、流通量の多い宝石として人気があります。

不動の人気を誇っているダイヤを、人間は人工的に作り出すことに成功しており、模造品も数多く誕生しています。 本物であればダイヤモンド買取店に持っていくことで、高額な価格で買い取ってもらうことが可能ですが、模造品の場合にはそういうわけにはいきません。 ダイヤは炭素原子が結晶化してできているもので、構造的に強固な特徴を持っています。

世界中に存在している物質の中で最も硬度が高いために、その性質を活かして工業用としても利用されています。 ガラスやレンズを研磨するときや、手術用のメスの先端に利用される方法、岩石を砕くためや掘削作業にも用いられています。 様々な分野において需要があるために、人工ダイヤは広く活用されており、一部はアクセサリーなどにも使われています。

人工ダイヤのアクセサリーは、若者を中心としてファッションアイテムとして流通していますが、宝飾品としては価値が低いものとなるために、ダイヤモンド買取店で査定を受けたときには安価な価格になることが予想されます。 ダイヤモンド買取店において高値で取引されるものは、天然もののダイヤとなりますので、購入するときには偽物でないかしっかりと確かめることが重要です。

本物か偽物かを見極める方法には、水滴をたらす方法や息を吹きかける方法などがあります。 天然のダイヤであれば息を吹きかけるとすぐに曇りが消えることや、水滴を垂らしたときには丸くなる特徴を持っています。 ダイヤは屈折率が高いために、紙の上に線を書いてダイヤを透かしてみることで確認するラインテストという方法も用いることができます。

模造品の場合にはラインがそのまま透けて見えますが、本物であれば屈折率によって黒い線を見ることができません。 これらの知識を身に付けておくことで、偽物を手に購入してしまう危険性を回避しやすくなります。

また、ダイヤの宝飾品には鑑定書が付属していますので、品物と一緒に大切に保管しておくようにしましょう。 ダイヤモンド買取店に売却するときには、鑑定書などの付属品があると買取価格を引き上げてもらえる可能性が高くなります。

ダイヤモンド買取では品質を良い状態に維持させておくことも大切で、質が悪いと買取価格が低くなってしまうので、保管場所も高温高湿の環境を避けることをおすすめします。