結婚指輪とダイヤモンド

ダイヤモンドを用いた結婚指輪のオススメのデザインとは

結婚指輪といえばやはりダイヤモンドですよね。有名人やセレブが愛用しているハイブランドからお手軽なメーカー、さらには老舗の宝石店まで、様々なブランドから多種多様のデザインが発表されていて、選ぶのは楽しい反面、悩んでしまいます。一生身につけるものだからこそデザインには徹底してこだわりたいものです。ダイヤモンドや地金の品質はもちろん、ご自身の好みにぴったりとマッチし、なおかつ付け心地が良いものを選ぶにはいくつかのポイントがあります。まずは指輪の形状です。

まっすぐとしたストレートタイプ、ひねっていたりV字型やU字型に湾曲しているタイプなど様々な形状があります。ストレートタイプはシンプルで飽きのこないデザインのようにも見えますが、実は似合わない指もあります。湾曲しているタイプは関節がでっぱっている指や水かきがしっかりある手の方には似合いやすい傾向があるようです。お店にシルバー製の見本があるのでどんどん試着してみましょう。試着を重ねて行けばご自身に合う形が見えてくると思います。続いてダイヤモンドの配置です。ダイヤモンドが真ん中に一つだけ配置されたデザインや、細かいダイヤモンドが手の甲側に並べて配置されているものなどをよく見かけます。

地金はほとんどの場合プラチナが使われていますが、使っていくうちに傷が付いて当初の輝きは失われてしまいます。ダイヤモンドが真ん中に一つだけ配置されたものはその分地金が見える面積が広いので経年劣化が目立ちやすいです。これは当然、宝石店で研磨してもらうことで新品のように輝きますが、しょっちゅうできるものではありません。地金が見える面積が少ない、ダイヤモンドを並べて配置しているデザインの方が経年劣化が目立ちにくく、輝きを維持できるのでオススメしたいです。

ダイヤモンドの品質や原産国も大切です。戦争をしている国のダイヤは決してオススメしません。なぜなら、支払ったお金は武器に使われてしまうからです。原産国やダイヤのグレードがはっきりしているお店で購入するようにしましょう。当然、お店のアフターケアも万全である所を選びたいものです。先ほど述べた指輪の研磨や、万が一壊れてしまった時のメンテナンス体制がしっかりしているお店で購入した方が安心でしょう。これは事前にしっかり確認することも大切です。以上のことを踏まえて、一生大切にできる素敵な指輪と巡り会えることを願っています。